アシナガバチ駆除は的確に|安全な方法で行ないましょう

安全に対策

作業員の男性

アシナガバチ駆除でのオススメの時期は春頃です。活動期間で秋がピーク、冬には働きハチがいなくなります。春から秋の期間では巣作りに始まって、差女王ハチの羽化が行なわれるので危険になります。春はまだ、アシナガバチの女王が巣作りを始めたばかりで大人しいので、この時点でアシナガバチ駆除を行なえば安心です。夏8月ごろは巣が大きくなり、働きハチも羽化します。アシナガバチの攻撃性が増し始めているのでアシナガバチ駆除作業が危険になります。秋は繁殖、新しい女王の育成にあたり、行動が活発化していることからかなり危険です。冬は働きハチが死んでいるので、それほど危険でもないです。しかし刺激すると襲ってくるので注意が必要です。そのため、アシナガバチ駆除にあたっては、春先、巣が大きくなる前に駆除をするのが安全です。春先の夜間にアシナガバチを駆除し、翌朝に回収廃棄です。その期間を過ぎて危険になってしまったら、アシナガバチ駆除の業者に相談依頼をしましょう。大きくなった巣は危険で重さもかなりあるので、駆除業者に相談をされた方が良いでしょう。手に負える範囲なら防護服を着込んで、風上から殺虫剤を長く散布して働き蜂を無効化します。薬剤が身体に触れたアシナガバチは人を刺すことはなく、死にます。それまでは殺虫剤を撒き続ける必要があります。時間経過で殺虫剤が回って死んだら、翌日巣ごと撤去します。アシナガバチ駆除においてはその方法を行なって駆除がされます。慣れも必要なので安全に撤去したいのであれば、業者に相談依頼をするのがオススメです。